« 予防できる腫瘍 | トップページ | 10月のおしらせ »

2011年10月 4日 (火)

避妊手術

前回、乳腺腫瘍のお話しをしたので

避妊手術について。

現在はどんどん鎮痛剤・麻酔が進歩しており、

お迎え時ケロリとして、飼い主さんのお迎えに喜ぶ姿を見て

ビックリされます。

犬の場合、大きさにより術創の大きさも変わりますが、

猫さんの場合↓

Photo_2 Photo_3

術後はこんな感じになります。

傷口は2~3cm程あり(ちょうど向かって左側の下に

手袋の指が写っているのでこれと比べると指2本分くらい)

摘出した卵巣と子宮↓

Photo_4

通常は上記のように縫合しますが、

糸を咬み切ってしまうウサギさんの場合は

埋没縫合↓と言って、溶ける糸で表に糸が出ないように縫合します。

Photo_4

当院では、

術後、1時間くらい経過したらお水を、さらに1時間経過したら

少量の食事を与えていますが、人見知り・場所見知りしない子の

場合喜んで食べてくれます↓

Photo_2

人見知りの子の場合はジーッとこちらをうかがってて

食べてくれませんが・・・。

お迎え時はこんな感じに洋服を着せてお返ししてます。

Photo_3

« 予防できる腫瘍 | トップページ | 10月のおしらせ »

獣医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051977/42116664

この記事へのトラックバック一覧です: 避妊手術:

« 予防できる腫瘍 | トップページ | 10月のおしらせ »